印鑑を保護するケース・ホルダー

  • RSS

印鑑ケースというと、どのようなイメージをお持ちでしょうか。
一般的によく見るものとして、細長いがま口のようなはんこのみを入れられるケースや、朱肉がセットされているもの、または、朱肉やはんこのスペース、朱肉のカスを取り除くブラシがセットになっているちょっと便利なものなどがあります。
これらのような、しっかりとしたケースは、はんこをしっかり保護してくれるだけではなく、乾燥や衝撃から守ってくれるものです。

【実印登録の印鑑をお探しの方】
実印登録を急ぎで購入を考えている方必見!印鑑卸売市場は実印や印鑑を最短即日出荷!

ところで、印鑑ケースに入れている印鑑よりも、使う回数が圧倒的に多いシャチハタはどのように持ち歩いていますか。
よく見かける印鑑ケースでは、確実に入らないですよね。
「シャチハタにはケースなんていらないよ」という意見も聞こえてきそうですが、シャチハタは、かばんの中で、よく行方不明になることの多いものです。

そこで、ケースとなると、購入時についてくる透明のプラスチックケースになってしまうのですが、ホルダーといわれているものが販売されています。
ホルダーのタイプは、首からさげられるもの、クリップ式のものなどがあるようです。
見た感じで言うと、シャチハタ自体が、キャップのついたケースのように見えますが、使ってみると、「知らぬ間にキャップがなくなっていたり」、「シャチハタを落として割ってしまった」という経験をされた人は多いでしょう。
印鑑ケースとなると、かばんからの出し入れなど利便性を損ないがちですが、ホルダーを使えば、利便性はもちろんのこと、傷や衝撃からもシャチハタを守れ、より長く使っていくこともできるのではないでしょうか。

〔必見!こだわりWEBサイト〕
印鑑は、ケースにもこだわっていますか?
印鑑ケースは、便利な朱肉付きケースから、がま口の可愛いケース、高級感溢れる牛もみ皮ケースまで種類は様々です。
この機会にこだわりのケースを手に入れてみませんか?
⇒印鑑ケースを見てみる

このページの先頭へ